HosPACの趣旨―仲間探しをしませんか?

病院の中で、同じ病気をもつ人、病気や治療を克服した人、そして家族、医療者・・・みんなが集まっておしゃべりできたら、どんなに心強いだろう。院内患者会は、そんな想いをかなえます。院内患者会とは、医療者、患者、家族…みんなが集う病院の中の患者会です。院内患者会、それは心のよりどころ、仲間探しのためにとても大事なものです!

わたしたちは、院内患者会を開催したいと思う人、実際に運営している人を支援しています。

現在は、白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫など、難治性血液疾患患者(家族)による院内患者会の設立、おしゃべり会の開催を全国の病院で進めていくための活動を主としていますが、他の疾患についてのご相談もお受けいたします。

 

      会長 新井辰雄(自己紹介)/ 副会長 佐藤ゆかり(患者会紹介エッセイ

 

(第19回) 院内患者会世話人連絡協議会総会

総会ご参加の皆様、ありがとうございました。身近でありながらもちょっと切り口の異なった視点からの医療にかかわる諸問題の池田様からのお話、とても興味深いものでした。その後の懇親会へも多くの皆さんの参加で、忌憚ないお話に盛り上がりました。次回総会へのご要望事項がありましたら、事務局の方か、またはこのホームページの問い合わせのところへご意見・ご希望をお寄せください。

ブログ案内です!

薬草:白粉花・・・・・・・・生薬:シマツリコン(紫茉莉根)

人類は古くから、自然界の中で「病」を癒す薬を探し求めて来ました。その大いなる遺産の範疇に挙げられるのが、生薬と呼ばれているものです。近代科学技術を身に着けてきた今でも、そこには多くの自然の【叡智】が存在しています。

 

道端でもよく見かける白粉花(オシロイバナ)、夏いっぱいから秋口にまで次々と花を咲かせます。赤・白・黄色のほか絞りの色交じりもあり、一株の草木から異なった色の花を咲かせる変わり種でもあります。夕化粧という粋な別名があり、昼下がりから夜にかけて咲く一夜花です。花の後には黒い実が生り、つぶすと白い粉(胚乳)が出てきます。

 

化粧の中での白粉の重要性ははるか古代に遡りますが、上流階級には水銀系の伊勢白粉、そして広く普及した鉛白粉は、有毒性が認識されてからも昭和の初期まで使われた形跡があります。白粉花の白い粉を子供らがお遊びに使っていたのも、嘗ては一部に化粧品として使われた証かもしれません。

 

オシロイバナの塊根を乾燥させたのが、生薬:シマツリコン(紫茉莉根)と称して利尿剤・関節炎などに用いられます。アルカロイドの一種のトリゴネリンが、オシロイバナの根や胚乳に多く含まれているがよく知られていて、摂食すると下痢や嘔吐を引き起こします。コーヒーの生豆にも多く含まれていますが、熱に弱く焙煎して飲むコーヒーには問題がないようです。

 

参照文献:季節の花300・日本新薬HP・エイザイ工業(株)HP・イー薬草ドットコム・日本化粧品工業連合会HP日本化粧品技術者会HP・・     (文責:三鍋康彦)

仲間の輪 in photo・・・・拡大は写真をクリック

最新ニュース(常時チェックに便利な情報源)

もっとしてほしい「血液のがん」のこと・・多くの血液情報を集約・お勧め版

 

● 医療情報サービスMinds ・・・診察ガイドライン、標準治療法

 

NCI PDQ(日本語版)がん情報サイト ・・・米国国立がん研究所配信情報

 

がん情報サービス(国立がん研究センターHP内) ・・・治療から生活まで

 

日経メディカルオンライン・・・医療関連ニュースが豊富、血液学会情報にも便利

                 癌Expertsなど  (要会員登録―無料版)

医療介護 MyCB・・・幅ひろい医療・社会情報あり(要会員登録ー無料もあり)

 

YomiDr.(YOMIURI ONLINEより)・・・医療もろもろ

 

アピタル(朝日新聞DIGITALより)・・・医療もろもろ

ニュース掲載履歴