HosPACの趣旨―仲間探しをしませんか?

病院の中で、同じ病気をもつ人、病気や治療を克服した人、そして家族、医療者・・・みんなが集まっておしゃべりできたら、どんなに心強いだろう。院内患者会は、そんな想いをかなえます。院内患者会とは、医療者、患者、家族…みんなが集う病院の中の患者会です。院内患者会、それは心のよりどころ、仲間探しのためにとても大事なものです!

わたしたちは、院内患者会を開催したいと思う人、実際に運営している人を支援しています。

現在は、白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫など、難治性血液疾患患者(家族)による院内患者会の設立、おしゃべり会の開催を全国の病院で進めていくための活動を主としていますが、他の疾患についてのご相談もお受けいたします。

 

      会長 新井辰雄(自己紹介)/ 副会長 佐藤ゆかり(患者会紹介エッセイ

 

(第20回) 院内患者会世話人連絡協議会総会

10月29日、HosPACの総会は、無事に終了いたしました。ご参加いただいた皆さま方、ありがとうございました。

講演・フリートーク・本心フリートーク(懇親会)と熱の籠った交流会となりましたのも、皆様方の日頃からのがん患者仲間への相互支援への真摯な志の発露のもたらすものではなかったでしょうか。

『例え、誰も来なくても定期・定時に開催して、常に支えの必要な患者や家族への場を備えておく』

ブログ案内です!

薬草:サフラン・・・・・・・・・生薬:蕃紅花(バンコウカ)

人類は古くから、自然界の中で「病」を癒す薬を探し求めて来ました。その大いなる遺産の範疇に挙げられるのが、生薬と呼ばれているものです。近代科学技術を身に着けてきた今でも、そこには多くの自然の【叡智】が存在しています。

 

 

 

サフランの名前は、古代エジプトで書かれた最古の医薬書「エーベルス・パピルス」に出ているように古くから薬として知られ、衣類の染料や食品としても中近東・ヨーロッパで広く使われて来ました。古代では金よりも高価なものであり、現今でもグラム千円以上の高価なスパイス&ハーブとして身近に見かけます。パエリャやブイヤベースには欠かせない香辛料でもあります。

 

サフランの花の中に赤く伸びている柱頭の部分を採取し、乾燥させたものが薬用や香辛料に用いられます。其の後ヨーロッパから中国へ伝えられて生薬:「蕃紅花(バンコウカ)」とされ、現在日本薬局方にも収載されています。鎮静,鎮痛,通経薬として,精神疾患,月経痛,月経不順,閉経などに用いられてきました。主要成分としては、カロテノイド系の

 

ピクロクロシン・クロシン・クロセチンやテルペン類のサフラナール・テルペン・シネオールなどが挙げられます。

 

サフランの花も、とてもきれいな花ですが観賞用にはあまり見かけません。それでも、俳句に詠まれている句がありますので、病に絡んだものを挙げておきましょう。

 

高熱に効くサフランのをしべ摘む    (高島 みどり)

 

サフランを摘みたる母も叔母もなし  (青柳志解樹)

 

   病牛がサフランねぶる春の影      (飯田蛇笏) 

 

参照文献:季節の花300TradMPD伝統医薬データベース・東邦大学薬用植物園HP・漢方薬のきぐすりHP・ウチダ和漢薬HP                        (文責:二鍋康彦)

仲間の輪 in photo・・・・拡大は写真をクリック

最新ニュース(常時チェックに便利な情報源)

もっとしてほしい「血液のがん」のこと・・多くの血液情報を集約・お勧め版

 

● 医療情報サービスMinds ・・・診察ガイドライン、標準治療法

 

NCI PDQ(日本語版)がん情報サイト ・・・米国国立がん研究所配信情報

 

がん情報サービス(国立がん研究センターHP内) ・・・治療から生活まで

 

日経メディカルオンライン・・・医療関連ニュースが豊富、血液学会情報にも便利

                 癌Expertsなど  (要会員登録―無料版)

医療介護 MyCB・・・幅ひろい医療・社会情報あり(要会員登録ー無料もあり)

 

YomiDr.(YOMIURI ONLINEより)・・・医療もろもろ

 

アピタル(朝日新聞DIGITALより)・・・医療もろもろ

ニュース掲載履歴