HosPACの趣旨―仲間探しをしませんか?

病院の中で、同じ病気をもつ人、病気や治療を克服した人、そして家族、医療者・・・みんなが集まっておしゃべりできたら、どんなに心強いだろう。院内患者会は、そんな想いをかなえます。院内患者会とは、医療者、患者、家族…みんなが集う病院の中の患者会です。院内患者会、それは心のよりどころ、仲間探しのためにとても大事なものです!

わたしたちは、院内患者会を開催したいと思う人、実際に運営している人を支援しています。

現在は、白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫など、難治性血液疾患患者(家族)による院内患者会の設立、おしゃべり会の開催を全国の病院で進めていくための活動を主としていますが、他の疾患についてのご相談もお受けいたします。

 

      会長 新井辰雄(自己紹介)/ 副会長 佐藤ゆかり(患者会紹介エッセイ

 

(第20回) 院内患者会世話人連絡協議会総会(議事次第)

次回総会(第20回院内患者会世話人連絡協議会 総会)を下記の要綱にて開催いたします。

   日時:10月29日(土曜日)

   場所:東大病院A棟内

 案内状の詳細は、HosPACからのお知らせ欄に掲載しています。
ご関心のある方は、「お問合わせ」欄からご連絡ください。

ブログ案内です!

薬草:彼岸花・・・・・・生薬:石蒜(せきさん)

人類は古くから、自然界の中で「病」を癒す薬を探し求めて来ました。その大いなる遺産の範疇に挙げられるのが、生薬と呼ばれているものです。近代科学技術を身に着けてきた今でも、そこには多くの自然の【叡智】が存在しています。

 

秋の彼岸ともなると、彼岸花が草花の気配のないところから唐突に花茎を立ち上げ、大輪の赤い花を群がって咲かせます。仏教の経典の「天から降って来る吉兆の赤い花」なる梵語から来た別名「曼珠沙華」は、どこかロマンを感じさせましょう。種子が出来ず球根の分球でのみ増殖しうるので、人手による移植が移動の手段であり、人里植物と言われるように人の住んでいる田畑や里山に多く見られます。

 

彼岸花の鱗茎を乾燥したものが生薬『石蒜(せきさん)』で、去痰・催吐薬などに用いられましたが、一方その毒性もよく知られていて、今では内服は禁じられていて、鱗茎を生で擦り降ろして肩こり・浮腫などに外用薬としての民間療法が残っています。薬理作用の主体は、アルカロイド類のリコリンやリコレミンです。リコリンから得られるジヒドロリコリン

 

アメーバ赤痢治療薬として用いられたことがあり、リコレミン(ガラタミン)は小児麻痺や筋無力症などによる運動麻痺の治療に用いられます。同じ彼岸花科のスノードロップの球根から見出されたガラタミンから開発されたアルツハイマー型認知症治療薬2011年に発売されたのは、目新しいニュースでしょう。そのほか、石蒜エキスを配合した鎮咳除痰薬なども市販されています。

 

お彼岸の日を知らせるように人里で一斉に群生して開花する曼珠沙華には、ものを忘れていくアルツハイマー型認知症の人を支える薬理成分のガラタミンを内蔵しているのは、偶然ではないのかもしれません。

 

嘗ての飢餓の時代には、彼岸花の鱗茎をすりつぶしてよく水洗いして有毒成分を取り去って食用にしたと伝えられていますが、“藩医宮坂涼庵”なるサスペンスものにも登場しています。

 

曼珠沙華わが去りしあと消ゆるべし (野澤節子)

 

曼珠沙華散るや赤きに耐へかねて  (野見山朱鳥)

 

参照文献:季節の花300・都立薬用植物園HP・医薬品情報21・㈱中屋彦十郎薬舗HP

 

武田薬品工業㈱HP                          (文責:三鍋康彦)

仲間の輪 in photo・・・・拡大は写真をクリック

最新ニュース(常時チェックに便利な情報源)

もっとしてほしい「血液のがん」のこと・・多くの血液情報を集約・お勧め版

 

● 医療情報サービスMinds ・・・診察ガイドライン、標準治療法

 

NCI PDQ(日本語版)がん情報サイト ・・・米国国立がん研究所配信情報

 

がん情報サービス(国立がん研究センターHP内) ・・・治療から生活まで

 

日経メディカルオンライン・・・医療関連ニュースが豊富、血液学会情報にも便利

                 癌Expertsなど  (要会員登録―無料版)

医療介護 MyCB・・・幅ひろい医療・社会情報あり(要会員登録ー無料もあり)

 

YomiDr.(YOMIURI ONLINEより)・・・医療もろもろ

 

アピタル(朝日新聞DIGITALより)・・・医療もろもろ

ニュース掲載履歴