HosPACの趣旨―仲間探しをしませんか?

病院の中で、同じ病気をもつ人、病気や治療を克服した人、そして家族、医療者・・・みんなが集まっておしゃべりできたら、どんなに心強いだろう。院内患者会は、そんな想いをかなえます。院内患者会とは、医療者、患者、家族…みんなが集う病院の中の患者会です。院内患者会、それは心のよりどころ、仲間探しのためにとても大事なものです!

わたしたちは、院内患者会を開催したいと思う人、実際に運営している人を支援しています。

現在は、白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫など、難治性血液疾患患者(家族)による院内患者会の設立、おしゃべり会の開催を全国の病院で進めていくための活動を主としていますが、他の疾患についてのご相談もお受けいたします。

 

      会長 新井辰雄(自己紹介)/ 副会長 佐藤ゆかり(患者会紹介エッセイ

 

第23回 院内患者会世話人連絡協議会 総会

    皆さまのご参会 ありがとうございました。患者サロンにて行っている治療から

    派生する外見の変化へのケアのお話と実体験がとてもいい経験になりました。

    また、「患者サロン」として試みられている多様な「支え」の様子は、院内患者会

    運営に当たる世話人への大きな示唆となりました。
    

ブログ案内です!

患者会(血液腫瘍疾患関連)・がん患者サロンなどの開催情報

血液疾患関連フォーラムなどの情報

薬草:ナンテン・・・・・・生薬:ナンテンジツ(南天実)

人類は古くから、自然界の中で「病」を癒す薬を探し求めて来ました。その大いなる遺産の範疇に挙げられるのが、生薬と呼ばれているものです。近代科学技術を身に着けてきた今でも、そこには多くの自然の【叡智】が存在しています。

ナンテンは、六月の声を聞く頃ともなると茎先に白い花を一杯に付けますが、園芸ブームの昨今では地味な存在となっています。しかし、冬場のたわむほどの赤い実や常緑樹(草本植物です)なのに深秋の紅葉に魅せられて、昔ながらに庭に植えられているのを時折見掛けます。「南天」の語呂合わせから来た「難転」の意から、「災難を転ずる」として厄除け・魔除けとして嘗ては家々の庭に植えられ、縁起物として正月の飾り物などにされてきました。

中国から渡来したナンテンは、平安時代には庭木などとして知られていましたが、先駆けて奈良朝時代には生薬として伝えられていたようです。

成熟したナンテンの実を乾燥させたモノを生薬:ナンテンジツ(南天実)といい、消炎・鎮咳効果があり民間薬として百日咳や気管支喘息の治療に用いられてきました。果実に含まれているアルカロイドのドメスティンが薬効成分です。葉は南天竹葉といって消毒薬などの民間療法として伝えられ、祝膳の赤飯に南天の葉を添える習わしがあります。この葉には、アルカロイド類のナンジノシドやベルベリンが含まれていいます。何れも神経毒の作用があります。

天然物の膨大な探索研究から画期的な抗がん剤を生み出した米国の歴史がありますが、伝統ある生薬に着目してマラリア薬アーテミシニンを見出しノーべル賞を受賞された屠呦呦氏の様に、ナンテンの薬効に注目して新薬につなごうとした人がいます。ナンジノシドにアレルギー抑制の薬理作用見出し、これをリード物質として抗アレルギー薬のリザベンを生み出しました。これにはさらに後日ケロイド治療効果が見出されています。 

参照文献:季節の花300・日本薬学会HP・富山薬剤師会HP・武田薬品工業㈱HPTradMPD

KISSEIHP                             (文責:三鍋康彦)

仲間の輪 in photo・・・・拡大は写真をクリック

最新ニュース(常時チェックに便利な情報源)

もっとしてほしい「血液のがん」のこと・・多くの血液情報を集約・お勧め版

 

● 医療情報サービスMinds ・・・診察ガイドライン、標準治療法

 

NCI PDQ(日本語版)がん情報サイト ・・・米国国立がん研究所配信情報

 

がん情報サービス(国立がん研究センターHP内) ・・・治療から生活まで

 

日経メディカルオンライン・・・医療関連ニュースが豊富、血液学会情報にも便利

                 癌Expertsなど  (要会員登録―無料版)

医療介護 MyCB・・・幅ひろい医療・社会情報あり(要会員登録ー無料もあり)

 

YomiDr.(YOMIURI ONLINEより)・・・医療もろもろ

 

アピタル(朝日新聞DIGITALより)・・・医療もろもろ

HosPAC調査投稿項目

ニュース掲載履歴