HosPACの趣旨―仲間探しをしませんか?

病院の中で、同じ病気をもつ人、病気や治療を克服した人、そして家族、医療者・・・みんなが集まっておしゃべりできたら、どんなに心強いだろう。院内患者会は、そんな想いをかなえます。院内患者会とは、医療者、患者、家族…みんなが集う病院の中の患者会です。院内患者会、それは心のよりどころ、仲間探しのためにとても大事なものです!

わたしたちは、院内患者会を開催したいと思う人、実際に運営している人を支援しています。

現在は、白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫など、難治性血液疾患患者(家族)による院内患者会の設立、おしゃべり会の開催を全国の病院で進めていくための活動を主としていますが、他の疾患についてのご相談もお受けいたします。

 

      会長 新井辰雄(自己紹介)/ 副会長 佐藤ゆかり(患者会紹介エッセイ

 

第24回 院内患者会世話人連絡協議会 総会のお礼

10月13日の総会にご参集の皆様、ありがとうございました。杉原先生のご講演と精神科医師とのフリートーキングには、思わずながらの本音の発露もあり、盛会裏に終わりました。

 

ブログ案内です!

患者会(血液腫瘍疾患関連)・がん患者サロンなどの開催情報

血液疾患関連フォーラムなどの情報

薬草:ローズマリー・・・・・・生薬:メイテツコウ(迷迭香)

人類は古くから、自然界の中で「病」を癒す薬を探し求めて来ました。その大いなる遺産の範疇に挙げられるのが、生薬と呼ばれているものです。近代科学技術を身に着けてきた今でも、そこには多くの自然の【叡智】が存在しています。

日常の視点から眺めたその様な草木の恵みを、徒然なるがままに綴ってみたいと思います。 

ローズマリーは常緑低木の多様な樹形をとり、晩秋から初夏までの長い期間を淡青紫の小花で楽しませてくれます。江戸末期に中国より渡来したもので、和名をマンネンロウ(万年蝋)と称し、その枝・葉を乾燥させたものが生薬:メイテツコウ(迷迭香)と称して健胃、駆風、鎮痛、鎮痙薬として用いられます。

和名の万年蝋は知る人も少なく、生薬としても影の薄かったこの木が、ローズマリーとして

生活の中へ浸透してきたのは、20世紀も終わりの頃からです。芳香や、抗菌作用・抗酸化作用を謳っての食材の調味料・香辛料となり、芳醇な芳香性ある精油からの化粧品や入浴剤に用いられ、ハーブティーとして癒しの効果をもたらし、チキン剤・湿布剤などの薬用にと、広く用いられています。
地中海原産のローズマリーは、古代エジプトの墳墓からも見出され、古代ギリシャでのローズマリーの花冠が記憶力増進に使われ、ペストなどの感染症への薬として名を残し、西洋において広く薬用として用いられてきた歴史が、現在のローズマリーの日本での生活への浸透の背景にあります。それらを支える薬効成分としては、ロズマリン酸・カルシノン酸・カルソノール・ベルベノンや精油成分のピネン、カンフェン、シネオール、カンフォール、ボルネオールなどが挙げられます。
先人が叡智とも呪術とも分かち難い中から見出したローズマリーを、現代の科学の光で薬効を検証している中で、例えばロズマリン酸・カルシノン酸が脳細胞の活性化効果を見出して認知症への適応の研究などがあります。古代ギリシャで記憶増進のために花冠をいだいて勉強をした話とどこか軌を一にするものがあるようです。

かのシェイクスピアがハムレットの中で、狂気に陥ったオフィーリアが一枝のローズマリーを差し出して言う科白に、ローズマリーの「海の雫」と名付けられた清楚な花姿と記憶を留める魔力を見事に使っています。

 <There's rosemary that's for remembrance. pray you, love, remember.

参照文献:季節の花300・木下武司HP・武田薬品工業㈱HP・東邦大学薬学部薬用植物園・三河の植物観察・ロズマリン酸認知症予防プロジェクト(金沢大学)など

 

                                (文責:三鍋康彦)

仲間の輪 in photo・・・・拡大は写真をクリック

最新ニュース(常時チェックに便利な情報源)

もっとしてほしい「血液のがん」のこと・・多くの血液情報を集約・お勧め版

 

● 医療情報サービスMinds ・・・診察ガイドライン、標準治療法

 

NCI PDQ(日本語版)がん情報サイト ・・・米国国立がん研究所配信情報

 

がん情報サービス(国立がん研究センターHP内) ・・・治療から生活まで

 

日経メディカルオンライン・・・医療関連ニュースが豊富、血液学会情報にも便利

                 癌Expertsなど  (要会員登録―無料版)

医療介護 MyCB・・・幅ひろい医療・社会情報あり(要会員登録ー無料もあり)

 

YomiDr.(YOMIURI ONLINEより)・・・医療もろもろ

 

アピタル(朝日新聞DIGITALより)・・・医療もろもろ

HosPAC調査投稿項目

ニュース掲載履歴