HosPACの趣旨―仲間探しをしませんか?

病院の中で、同じ病気をもつ人、病気や治療を克服した人、そして家族、医療者・・・みんなが集まっておしゃべりできたら、どんなに心強いだろう。院内患者会は、そんな想いをかなえます。院内患者会とは、医療者、患者、家族…みんなが集う病院の中の患者会です。院内患者会、それは心のよりどころ、仲間探しのためにとても大事なものです!

わたしたちは、院内患者会を開催したいと思う人、実際に運営している人を支援しています。

現在は、白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫など、難治性血液疾患患者(家族)による院内患者会の設立、おしゃべり会の開催を全国の病院で進めていくための活動を主としていますが、他の疾患についてのご相談もお受けいたします。

 

      会長 新井辰雄(自己紹介)/ 副会長 佐藤ゆかり(患者会紹介エッセイ

 

第25回 院内患者会世話人連絡協議会 終わりました。

生憎の雨天の日となりましたが、ご参会の皆さまのお陰で実りのある総会となりましたことを感謝いたします。
大西秀樹先生の「がん治療に関わる心の問題」のお話とフリーディスカッションで、患者会運営や患者個人としての悩みに一灯の導きを得られたのではないでしょうか。前回の杉原正子先生と今回の大西秀樹先生とつづいた精神科医からのお話に、精神科が身近になったような気がいたします。

ブログ案内です!

患者会(血液腫瘍疾患関連)・がん患者サロンなどの開催情報

血液疾患関連フォーラムなどの情報

薬草:キササゲ・・・・・・・生薬:キササゲ(梓実)

人類は古くから、自然界の中で「病」を癒す薬を探し求めて来ました。その大いなる遺産の範疇に挙げられるのが、生薬と呼ばれているものです。近代科学技術を身に着けてきた今でも、そこには多くの自然の【叡智】が存在しています。

日常の視点から眺めたその様な草木の恵みを、徒然なるがままに綴ってみたいと思います。 

漢方の世界で用いられている生薬とは別個に、我が国の民間療法として用いられてきた薬草は和薬といわれますが、その薬草の代表格のセンブリ、ドクダミ、ゲンノショウコらと並んでよく知られているのがキササゲです。落葉高木で、マメ科のササゲに似た2030センチメートルの細長い果実を一杯ぶら下げている姿を、神社仏閣で見掛けることもあります。

除けの木とされています。

古くから知られていたのに、日本薬局方に収載されたのは昭和の初めです。キササゲの果実を乾燥させたものが、生薬:キササゲ(梓実)で、主に民間薬として利尿効果を利用した腎炎・脚気・水腫などに用いられます。薬理成分としては、イリドイド配糖体のカタルポシド・カタルポール・カタルピノシド、フタリド類のカタルパラクトンなどが挙げられます。

キササゲの樹皮を乾燥させたものは生薬:梓白皮といわれ、中国由来の漢方処方に解熱・駆虫・黄疸などの薬効として配剤されますが、日本薬局方には収載されていません。

 

宮沢賢治の著作「なめとこ山の熊」に、生薬クマノイ(熊の胆嚢)を獲る為に山に入った猟師の小十郎が、熊の親子の話を聞いて退くお話があります。その会話には、ヒキサクラ(辛夷)、キササゲ、クロモジが出てきます。いずれも薬用植物なのです。

 

参照文献:東邦大学薬用植物園HP・㈱ウチダ和漢薬HP・TradMPD・日本薬学会HPほか                               (文責:三鍋康彦)

仲間の輪 in photo・・・・拡大は写真をクリック

最新ニュース(常時チェックに便利な情報源)

もっとしてほしい「血液のがん」のこと・・多くの血液情報を集約・お勧め版

 

● 医療情報サービスMinds ・・・診察ガイドライン、標準治療法

 

NCI PDQ(日本語版)がん情報サイト ・・・米国国立がん研究所配信情報

 

がん情報サービス(国立がん研究センターHP内) ・・・治療から生活まで

 

日経メディカルオンライン・・・医療関連ニュースが豊富、血液学会情報にも便利

                 癌Expertsなど  (要会員登録―無料版)

医療介護 MyCB・・・幅ひろい医療・社会情報あり(要会員登録ー無料もあり)

 

YomiDr.(YOMIURI ONLINEより)・・・医療もろもろ

 

アピタル(朝日新聞DIGITALより)・・・医療もろもろ

HosPAC調査投稿項目

ニュース掲載履歴