HosPACの趣旨―仲間探しをしませんか?

病院の中で、同じ病気をもつ人、病気や治療を克服した人、そして家族、医療者・・・みんなが集まっておしゃべりできたら、どんなに心強いだろう。院内患者会は、そんな想いをかなえます。院内患者会とは、医療者、患者、家族…みんなが集う病院の中の患者会です。院内患者会、それは心のよりどころ、仲間探しのためにとても大事なものです!

わたしたちは、院内患者会を開催したいと思う人、実際に運営している人を支援しています。

現在は、白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫など、難治性血液疾患患者(家族)による院内患者会の設立、おしゃべり会の開催を全国の病院で進めていくための活動を主としていますが、他の疾患についてのご相談もお受けいたします。

 

      会長 新井辰雄(自己紹介)/ 副会長 佐藤ゆかり(患者会紹介エッセイ

 

第23回 院内患者会世話人連絡協議会 総会

    皆さまのご参会 ありがとうございました。患者サロンにて行っている治療から

    派生する外見の変化へのケアのお話と実体験がとてもいい経験になりました。

    また、「患者サロン」として試みられている多様な「支え」の様子は、院内患者会

    運営に当たる世話人への大きな示唆となりました。
    

ブログ案内です!

患者会(血液腫瘍疾患関連)・がん患者サロンなどの開催情報

血液疾患関連フォーラムなどの情報

薬草:チガヤ(茅萱)・・・・・・・・・生薬:ボウコン(茅根)

人類は古くから、自然界の中で「病」を癒す薬を探し求めて来ました。その大いなる遺産の範疇に挙げられるのが、生薬と呼ばれているものです。近代科学技術を身に着けてきた今でも、そこには多くの自然の【叡智】が存在しています。

 

 

野原を埋める薄(ススキ)の白い花穂は、秋の哀愁を漂わす風景として古くからよく知られていますが、初夏の野原に白い房状の花穂が靡く茅萱(ちがや)の群生も、古から知られて万葉集にもしばしば登場します。共に茅と呼ばれるイネ科の草本植物の仲間である茅萱(ちがや)は、情緒的な視点から薄ほどには知る人のない現今ですが、若い花穂(茅花)に甘みがあって戦前の頃までは田舎での子どもらの関心事でもあったし、食材としても万葉集に詠われています。

 

茅萱(ちがや)がより大切なのは、生薬としての利用と厄除けの効果があると信じられてきたことでしょう。6月の晦日に各地の神社で執り行われる夏越の祓の神事で、無病息災を祈る茅の輪潜りの風習の茅の輪に使われています。

 

その茅萱(ちがや)の根茎を乾燥させて物は、生薬ボウコン(茅根)として古くから利尿・消炎・止血などに用いられてきました。その主要成分としては、トリテルペノイドのシリンドリン・シミアレノール・アルンドインなどや単糖類に脂肪酸類があります。

 

万葉集の時代から人口に膾炙して身近にあった茅萱(ちがや)に想いを馳せる縁に、万葉集に収められた和歌の二三首を挙げておきましょう。

 

我が君に戯奴は恋ふらし賜りたる茅花を食めどいや痩せに痩す

 

浅茅原つばらつばらにもの思へば古りにし里し思ほゆるかも

 

浅茅原刈り標さして空言も寄そりし君が言をし待たむ

 

参照文献:季節の花300・木下武司氏HP・日本薬学会HP・ウチダ和漢薬HP・伝統医薬データベース・万葉集の草花など                         (文責:三鍋康彦)

仲間の輪 in photo・・・・拡大は写真をクリック

最新ニュース(常時チェックに便利な情報源)

もっとしてほしい「血液のがん」のこと・・多くの血液情報を集約・お勧め版

 

● 医療情報サービスMinds ・・・診察ガイドライン、標準治療法

 

NCI PDQ(日本語版)がん情報サイト ・・・米国国立がん研究所配信情報

 

がん情報サービス(国立がん研究センターHP内) ・・・治療から生活まで

 

日経メディカルオンライン・・・医療関連ニュースが豊富、血液学会情報にも便利

                 癌Expertsなど  (要会員登録―無料版)

医療介護 MyCB・・・幅ひろい医療・社会情報あり(要会員登録ー無料もあり)

 

YomiDr.(YOMIURI ONLINEより)・・・医療もろもろ

 

アピタル(朝日新聞DIGITALより)・・・医療もろもろ

HosPAC調査投稿項目

ニュース掲載履歴