HosPACの趣旨―仲間探しをしませんか?

病院の中で、同じ病気をもつ人、病気や治療を克服した人、そして家族、医療者・・・みんなが集まっておしゃべりできたら、どんなに心強いだろう。院内患者会は、そんな想いをかなえます。院内患者会とは、医療者、患者、家族…みんなが集う病院の中の患者会です。院内患者会、それは心のよりどころ、仲間探しのためにとても大事なものです!

わたしたちは、院内患者会を開催したいと思う人、実際に運営している人を支援しています。

現在は、白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫など、難治性血液疾患患者(家族)による院内患者会の設立、おしゃべり会の開催を全国の病院で進めていくための活動を主としていますが、他の疾患についてのご相談もお受けいたします。

 

      会長 新井辰雄(自己紹介)/ 副会長 佐藤ゆかり(患者会紹介エッセイ

 

第23回 院内患者会世話人連絡協議会 総会

    皆さまのご参会 ありがとうございました。患者サロンにて行っている治療から

    派生する外見の変化へのケアのお話と実体験がとてもいい経験になりました。

    また、「患者サロン」として試みられている多様な「支え」の様子は、院内患者会

    運営に当たる世話人への大きな示唆となりました。
    

ブログ案内です!

患者会(血液腫瘍疾患関連)・がん患者サロンなどの開催情報

血液疾患関連フォーラムなどの情報

薬草:ヤマユリ(山百合)・・・・・・・・・生薬:ヒャクゴウ(百合)

人類は古くから、自然界の中で「病」を癒す薬を探し求めて来ました。その大いなる遺産の範疇に挙げられるのが、生薬と呼ばれているものです。近代科学技術を身に着けてきた今でも、そこには多くの自然の【叡智】が存在しています。

「ヤマユリ」は、日本(本州)原産で世界に誇れるユリの原種です。古くから、「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と美人を称える言葉にされてきました。そして、そのいずれもからも婦人用の漢方薬に配剤される生薬が知られています。シャクヤク(芍薬)・ボタンヒ(牡丹皮)・ヒャクゴウ(百合)です。長寿化の世の中、漢方医の眼鏡でみると、「いらいらして立ち上がる人へは、筋肉痙攣・眩暈・憂欝のお薬『シャクヤク(芍薬)』」・「座り込んでしまう方へは、瘀血・腹痛・鎮静のお薬『ボタンヒ(牡丹皮)』」・「ふらふらと歩く方へは、滋養・強壮・不眠のお薬『ヒャクゴウ(百合)』」と相成ります。

ヤマユリを原種として育種されたカサブランカなどの園芸品種に劣ることなく、美しく大ぶりな花の姿と甘く濃厚な香りを今に残していますが、この根元に出来る鱗茎を採り熱湯処理後に乾燥させたものは、生薬:ヒャクゴウ(百合)とされます。滋養・強壮・消炎・鎮咳・鎮静などの薬として用いられます。

薬理作用を示す成分として特定化合物を挙げるのは難しいようですが、粘質多糖類のグルコマンナンを含み、ビタミンB1/B2やミネラル類が挙げられます。

生薬とされる鱗茎は、ゆり根と称した食材として縄文時代から食用に供されてきました。代表的なものは、茶わん蒸しでしょう。関西出身の身としては、茶わん蒸しの具として当然入れられていると夢にも疑わなかったのですが、関東圏に移住して見て、ゆり根を見掛けなくなり寂しい想いに駆られます。東京都の卸売市場での扱いは、大阪のそれの四分の一なのです。

参照文献:季節の花300・武田薬品工業㈱HPTradMPD・北海道立衛生研究所HP・エーザイ㈱HPなど                               (文責:三鍋康彦) 

仲間の輪 in photo・・・・拡大は写真をクリック

最新ニュース(常時チェックに便利な情報源)

もっとしてほしい「血液のがん」のこと・・多くの血液情報を集約・お勧め版

 

● 医療情報サービスMinds ・・・診察ガイドライン、標準治療法

 

NCI PDQ(日本語版)がん情報サイト ・・・米国国立がん研究所配信情報

 

がん情報サービス(国立がん研究センターHP内) ・・・治療から生活まで

 

日経メディカルオンライン・・・医療関連ニュースが豊富、血液学会情報にも便利

                 癌Expertsなど  (要会員登録―無料版)

医療介護 MyCB・・・幅ひろい医療・社会情報あり(要会員登録ー無料もあり)

 

YomiDr.(YOMIURI ONLINEより)・・・医療もろもろ

 

アピタル(朝日新聞DIGITALより)・・・医療もろもろ

HosPAC調査投稿項目

ニュース掲載履歴