HosPACの趣旨―仲間探しをしませんか?

病院の中で、同じ病気をもつ人、病気や治療を克服した人、そして家族、医療者・・・みんなが集まっておしゃべりできたら、どんなに心強いだろう。院内患者会は、そんな想いをかなえます。院内患者会とは、医療者、患者、家族…みんなが集う病院の中の患者会です。院内患者会、それは心のよりどころ、仲間探しのためにとても大事なものです!

わたしたちは、院内患者会を開催したいと思う人、実際に運営している人を支援しています。

現在は、白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫など、難治性血液疾患患者(家族)による院内患者会の設立、おしゃべり会の開催を全国の病院で進めていくための活動を主としていますが、他の疾患についてのご相談もお受けいたします。

 

      会長 新井辰雄(自己紹介)/ 副会長 佐藤ゆかり(患者会紹介エッセイ

 

第21回 院内患者会世話人連絡協議会 総会 (6月17日)終了

ご参加いただきました皆さま方、ありがとうございました。お陰様で、多和田奈津子さまのお話を基軸に、患者会のあり姿や現状の課題など忌憚ない意見の交流ができ、あわせて親交を深められた一日となりました。

ブログ案内です!

薬草:ヒヨス・・・・・・・・・・生薬:テンセンシ(天仙子)

人類は古くから、自然界の中で「病」を癒す薬を探し求めて来ました。その大いなる遺産の範疇に挙げられるのが、生薬と呼ばれているものです。近代科学技術を身に着けてきた今でも、そこには多くの自然の【叡智】が存在しています。

 

花弁の網目模様がどこか「編み笠百合」を思わせるが、この「ヒヨス」はナス科に属する植物で主に薬用植物として栽培されています。ナス科植物には、茄子・唐辛子・ジャガイモ・トマトなど食用植物も多いのですが、「ヒヨス」はおなじナス科植物のチョウセンアサガオ・ハシリドコロ・ベラドンナと並ぶ有毒植物とされています。 

有毒とは人体への生理活性のある事であり、ヒヨスの種子を集めたものが生薬:天仙子として知られていますが、現在では、医薬品の重要な原材料として医療に貢献しています。 

トロパンアルカロイド類のヒヨスチアミン・スコポラミン・アトロピン・アポアトロピン・スキミアニンなどが全草にあり、抽出精製した硫酸アトロピンや臭化水素酸スコポラミンの形で、広く鎮痛薬や鎮静薬 鎮痛、鎮痙薬などに使われています。同時に、抽出物の形の薬物混在の形でのロートエキスでも、持ち味を生かして使われます。 

乗り物酔いの薬にも配合されていることがあり、身近な薬ともいえます。スコポラミン成分の貼り薬は、宇宙飛行士の乗り物酔い防止の薬としてNASAでも検討されたり、地下鉄サリン事件で名を馳せたアトロピンは、有機リン剤中毒の解毒剤として軍用には欠かせないものです。 

これらの背景には、ギリシャ時代にも知られていたその薬理作用や魔女伝説で多くの場面に登場する極秘の草の言い伝えがあり、サスペンスの中での殺人にも登場して参ります。 

全草が毒性を持つので、間違っても不用意に触れないことでしょう。

 

参照文献:木下武司氏HP・日本薬学会HP・都立薬用植物園HP・医薬品情報21・ウチダ和漢薬HP

                                     (文責:三鍋康彦)

仲間の輪 in photo・・・・拡大は写真をクリック

最新ニュース(常時チェックに便利な情報源)

もっとしてほしい「血液のがん」のこと・・多くの血液情報を集約・お勧め版

 

● 医療情報サービスMinds ・・・診察ガイドライン、標準治療法

 

NCI PDQ(日本語版)がん情報サイト ・・・米国国立がん研究所配信情報

 

がん情報サービス(国立がん研究センターHP内) ・・・治療から生活まで

 

日経メディカルオンライン・・・医療関連ニュースが豊富、血液学会情報にも便利

                 癌Expertsなど  (要会員登録―無料版)

医療介護 MyCB・・・幅ひろい医療・社会情報あり(要会員登録ー無料もあり)

 

YomiDr.(YOMIURI ONLINEより)・・・医療もろもろ

 

アピタル(朝日新聞DIGITALより)・・・医療もろもろ

ニュース掲載履歴