HosPACの趣旨―仲間探しをしませんか?

病院の中で、同じ病気をもつ人、病気や治療を克服した人、そして家族、医療者・・・みんなが集まっておしゃべりできたら、どんなに心強いだろう。院内患者会は、そんな想いをかなえます。院内患者会とは、医療者、患者、家族…みんなが集う病院の中の患者会です。院内患者会、それは心のよりどころ、仲間探しのためにとても大事なものです!

わたしたちは、院内患者会を開催したいと思う人、実際に運営している人を支援しています。

現在は、白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫など、難治性血液疾患患者(家族)による院内患者会の設立、おしゃべり会の開催を全国の病院で進めていくための活動を主としていますが、他の疾患についてのご相談もお受けいたします。

 

      会長 新井辰雄(自己紹介)/ 副会長 佐藤ゆかり(患者会紹介エッセイ

 

院内患者会世話人連絡協議会の総会開催のお知らせ

総会ご案内の詳細は、【第26回院内患者会世話人連絡協議会 総会 案内状】をご参照ください。

ブログ案内です!

患者会(血液腫瘍疾患関連)・がん患者サロンなどの開催情報

血液疾患関連フォーラムなどの情報

薬草:イヌサフラン・・・・・・・生薬:コルヒムク子・コルヒムク根

人類は古くから、自然界の中で「病」を癒す薬を探し求めて来ました。その大いなる遺産の範疇に挙げられるのが、生薬と呼ばれているものです。近代科学技術を身に着けてきた今でも、そこには多くの自然の【叡智】が存在しています。

日常の視点から眺めたその様な草木の恵みを、徒然なるがままに綴ってみたいと思います。 

知らぬ間に、花を大地から噴出すようにして咲かせ、秋の野に華やかな彩を添えてくれるこの季節の花に、イヌサフランがあります。原産地の中南欧州・北アフリカから日本へ明治のころに渡来して、もっぱら園芸品種「コルチカム」の名で花壇を飾っています。

古くローマ時代の医学書にイヌサフランが痛風の効果があると記載されていて、欧州では痛風薬として長年使われてきました。17世紀には、イヌサフランの有効成分としてアルカロイドのコルヒチンが単離されています。コルヒチンは、中枢性の知覚麻痺と末梢性血管麻痺の作用が強く、医薬としては痛風と家族性地中海熱の治療に限られていますが、Behcet病やSweet病に効果がありその特異性が注目されます。

イヌサフランの種子から生薬「コルヒクム子」、鱗茎から生薬「コルヒクム根」

して採取し、現在も製薬原料として使われています。

このコルヒチンは、また植物細胞の分裂に特異な生理活性を有し、遺伝学者の木原均博士が種なし西瓜の開発に使われたように、栽培植物・園芸植物の品種改良にも大きな貢献をしています。

イヌサフランの持つ成分がこのように有効に利用されていますが、また一方その毒性も古くから知られ、紀元前二世紀にギリシャの詩人Nicandeの書物に、「コルヒスの魔女の破壊の火」と形容されて毒草「コルヒス」として挙げられ、コルヒスの王女「メディア」が、毒をもって肉親の殺害を繰り返した魔女としてギリシャ神話に名をとどめています。有毒植物としての認識の少ない日本では、今でも毎年のように行者ニンニクなどと間違えての誤食での死亡事故が出ています。

 

参照文献:日本薬学会HP・都立薬用植物園・日本新薬山科植物資料館HP・東邦大学薬用植物園HP・自然毒のリスクプロファイル―厚労省・臨床リュウマチ誌20:267~(2008

・ギリシャ神話・須田純一氏エッセイ(音楽は絵画の様に―第30回)

 

(文責:三鍋康彦)

仲間の輪 in photo・・・・拡大は写真をクリック

最新ニュース(常時チェックに便利な情報源)

もっとしてほしい「血液のがん」のこと・・多くの血液情報を集約・お勧め版

 

● 医療情報サービスMinds ・・・診察ガイドライン、標準治療法

 

NCI PDQ(日本語版)がん情報サイト ・・・米国国立がん研究所配信情報

 

がん情報サービス(国立がん研究センターHP内) ・・・治療から生活まで

 

日経メディカルオンライン・・・医療関連ニュースが豊富、血液学会情報にも便利

                 癌Expertsなど  (要会員登録―無料版)

医療介護 MyCB・・・幅ひろい医療・社会情報あり(要会員登録ー無料もあり)

 

YomiDr.(YOMIURI ONLINEより)・・・医療もろもろ

 

アピタル(朝日新聞DIGITALより)・・・医療もろもろ

 

血液在宅ネット

HosPAC調査投稿項目

ニュース掲載履歴