HosPACの趣旨―仲間探しをしませんか?

病院の中で、同じ病気をもつ人、病気や治療を克服した人、そして家族、医療者・・・みんなが集まっておしゃべりできたら、どんなに心強いだろう。院内患者会は、そんな想いをかなえます。院内患者会とは、医療者、患者、家族…みんなが集う病院の中の患者会です。院内患者会、それは心のよりどころ、仲間探しのためにとても大事なものです!

わたしたちは、院内患者会を開催したいと思う人、実際に運営している人を支援しています。

現在は、白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫など、難治性血液疾患患者(家族)による院内患者会の設立、おしゃべり会の開催を全国の病院で進めていくための活動を主としていますが、他の疾患についてのご相談もお受けいたします。

 

      会長 新井辰雄(自己紹介)/ 副会長 佐藤ゆかり(患者会紹介エッセイ

 

第25回 院内患者会世話人連絡協議会 案内

      ➡ 詳細ご案内:第25会 院内患者会世話人連絡協議会 総会案内 

              上記リンク先でご閲覧ください。          

                         (院内患者会世話人連絡協議会 事務局)

ブログ案内です!

患者会(血液腫瘍疾患関連)・がん患者サロンなどの開催情報

血液疾患関連フォーラムなどの情報

薬草:鈴蘭水仙(スノーフレーク)・・・・・・・医薬品製造原基

人類は古くから、自然界の中で「病」を癒す薬を探し求めて来ました。その大いなる遺産の範疇に挙げられるのが、生薬と呼ばれているものです。近代科学技術を身に着けてきた今でも、そこには多くの自然の【叡智】が存在しています。

日常の視点から眺めたその様な草木の恵みを、徒然なるがままに綴ってみたいと思います。 

 

鈴蘭水仙は後塵を拝する宿命の植物で、スノーフレークが渡来した時に、日本の自生種でもある花のよく似た鈴蘭の名と葉が似ている平安時代に渡来した水仙の名を合わせて頂いたが、君影草・谷間の姫百合のような呼ばれ方をされるには至っていません。同じ欧州中南部を原産地とする同種のスノードロップが渡来したのは明治の頃ですが、松雪草・雪の花とも呼ばれ欧州では多くの伝承話に登場するのに対して、鈴蘭水仙は昭和の頃に渡来したものとみられ日本ではもとより、欧州でもスノーフレークの名は文芸史上などにその名を残してはおりません。
天然物由来のアルカロイドのガランタミンは、スノードロップから見出されその学名Galanthus nivalisから名づけられました。近年に至り、そのアセチルコリンエステラーゼ阻害作用に注目して開発されたアルツハイマー型認知症の治療薬「レミニール®が、2010年に欧米に10年遅れながらも日本で認可されています。天然物由来とするガランタミンの製造原基としては、生みの親でもあるスノードロップではなく鈴蘭水仙(スノーフレーク)が用いられたものでした。これも、現在では化学合成によるガランタミンの使用となっています。
園芸品種もあまりなく渡来の日も浅いのにもかかわらず、そのあたりの野辺で鈴蘭水仙をよく見掛けるのは嬉しいことです。その花言葉は、「純粋」「純潔」「汚れなき心」です。
因みに、ここに登場した植物は、すべて有毒植物でもあります。

 

参照文献:季節の花300・ヤンセンファーマ㈱プレスリリース・自然毒のリスクプロファイル:高等植物・医薬品情報21・都立薬用植物園・GKZ植物辞典他

 

                                     (文責:三鍋康彦)

仲間の輪 in photo・・・・拡大は写真をクリック

最新ニュース(常時チェックに便利な情報源)

もっとしてほしい「血液のがん」のこと・・多くの血液情報を集約・お勧め版

 

● 医療情報サービスMinds ・・・診察ガイドライン、標準治療法

 

NCI PDQ(日本語版)がん情報サイト ・・・米国国立がん研究所配信情報

 

がん情報サービス(国立がん研究センターHP内) ・・・治療から生活まで

 

日経メディカルオンライン・・・医療関連ニュースが豊富、血液学会情報にも便利

                 癌Expertsなど  (要会員登録―無料版)

医療介護 MyCB・・・幅ひろい医療・社会情報あり(要会員登録ー無料もあり)

 

YomiDr.(YOMIURI ONLINEより)・・・医療もろもろ

 

アピタル(朝日新聞DIGITALより)・・・医療もろもろ

HosPAC調査投稿項目

ニュース掲載履歴