HosPACの趣旨―仲間探しをしませんか?

病院の中で、同じ病気をもつ人、病気や治療を克服した人、そして家族、医療者・・・みんなが集まっておしゃべりできたら、どんなに心強いだろう。院内患者会は、そんな想いをかなえます。院内患者会とは、医療者、患者、家族…みんなが集う病院の中の患者会です。院内患者会、それは心のよりどころ、仲間探しのためにとても大事なものです!

わたしたちは、院内患者会を開催したいと思う人、実際に運営している人を支援しています。

現在は、白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫など、難治性血液疾患患者(家族)による院内患者会の設立、おしゃべり会の開催を全国の病院で進めていくための活動を主としていますが、他の疾患についてのご相談もお受けいたします。

 

      会長 新井辰雄(自己紹介)/ 副会長 佐藤ゆかり(患者会紹介エッセイ

 

第24回 院内患者会世話人連絡協議会 総会のお礼

10月13日の総会にご参集の皆様、ありがとうございました。杉原先生のご講演と精神科医師とのフリートーキングには、思わずながらの本音の発露もあり、盛会裏に終わりました。

 

ブログ案内です!

患者会(血液腫瘍疾患関連)・がん患者サロンなどの開催情報

血液疾患関連フォーラムなどの情報

薬草:ドクセリ・・・・・・・生薬:

人類は古くから、自然界の中で「病」を癒す薬を探し求めて来ました。その大いなる遺産の範疇に挙げられるのが、生薬と呼ばれているものです。近代科学技術を身に着けてきた今でも、そこには多くの自然の【叡智】が存在しています。

セリ(芹)は春の七草のひとつとして古くから知られ、その独特の香りから今でも食材として親しまれています。よく似た多年草で、若葉の頃に芹と間違えて採りしばしば食中毒事件を起こす故に名付けられた「ドクゼリ」があります。夏には、芹と同様に可憐な白い花を咲かせその判別が難しい様です。芹にはない根茎があるので判別されますが、この根茎をワサビと間違えて摂食した中毒もあります。昨今は、山菜採りが生きるためではなく楽しみ(趣味)として流行しており、そのために命を落とす事件が繰り返し報道されるので、生半可な知識での対処を慎みたい事例の一つでしょう。

多くの植物から生薬や最先端の医薬までの恵みを受けていますが、同時に数多くの毒性植物が知られています。日本では、何時の頃からか三大有毒植物として「トリカブト」「ドクウツギ」と並んで、この「ドクゼリ」が挙げられています。ドクゼリは、全草(葉・茎・根茎)が有毒とされていて、主たる固有の有毒成分はシクトキシンで、ウナギのようなのっぺりとした形をしています。葉や根茎の誤食によるばかりではなく、シクトキシンが経皮吸収される性質があるので、ドクゼリに触れて樹液が身体に着いても致死性の中毒を起こします。吸収されたシクトキシンは中枢神経を刺激して、痙攣・頻脈・呼吸困難などの中毒症状を呈します。

捕物帖の世界でもよく使われているところからも、庶民にも古くから知られていたようです。現在の知識からの日本の三大有毒植物の正体の化学構造式を並べておきましょう。

参照文献:木下武司HP・医薬品情報21・四季の山野草WEBe-yakusou.com・武田薬品工業㈱京都植物園・東邦大学薬用植物園・厚労省自然毒のリスクプロファイル他

                                (文責:三鍋康彦) 

仲間の輪 in photo・・・・拡大は写真をクリック

最新ニュース(常時チェックに便利な情報源)

もっとしてほしい「血液のがん」のこと・・多くの血液情報を集約・お勧め版

 

● 医療情報サービスMinds ・・・診察ガイドライン、標準治療法

 

NCI PDQ(日本語版)がん情報サイト ・・・米国国立がん研究所配信情報

 

がん情報サービス(国立がん研究センターHP内) ・・・治療から生活まで

 

日経メディカルオンライン・・・医療関連ニュースが豊富、血液学会情報にも便利

                 癌Expertsなど  (要会員登録―無料版)

医療介護 MyCB・・・幅ひろい医療・社会情報あり(要会員登録ー無料もあり)

 

YomiDr.(YOMIURI ONLINEより)・・・医療もろもろ

 

アピタル(朝日新聞DIGITALより)・・・医療もろもろ

HosPAC調査投稿項目

ニュース掲載履歴