HosPACの趣旨―仲間探しをしませんか?

病院の中で、同じ病気をもつ人、病気や治療を克服した人、そして家族、医療者・・・みんなが集まっておしゃべりできたら、どんなに心強いだろう。院内患者会は、そんな想いをかなえます。院内患者会とは、医療者、患者、家族…みんなが集う病院の中の患者会です。院内患者会、それは心のよりどころ、仲間探しのためにとても大事なものです!

わたしたちは、院内患者会を開催したいと思う人、実際に運営している人を支援しています。

現在は、白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫など、難治性血液疾患患者(家族)による院内患者会の設立、おしゃべり会の開催を全国の病院で進めていくための活動を主としていますが、他の疾患についてのご相談もお受けいたします。

 

      会長 新井辰雄(自己紹介)/ 副会長 佐藤ゆかり(患者会紹介エッセイ

 

第23回 院内患者会世話人連絡協議会 総会  案内

 

  ➡ 案内の詳細は、こちらを ご覧ください。

ブログ案内です!

患者会(血液腫瘍疾患関連)・がん患者サロンなどの開催情報

血液疾患関連フォーラムなどの情報

薬草:クララ・・・・・・生薬:クジン(苦参)

人類は古くから、自然界の中で「病」を癒す薬を探し求めて来ました。その大いなる遺産の範疇に挙げられるのが、生薬と呼ばれているものです。近代科学技術を身に着けてきた今でも、そこには多くの自然の【叡智】が存在しています。

クララは、人の背丈ほどに生育するマメ科の多年草で、日当たりのよい原野や草原に自生します。日本・朝鮮半島・中国に分布していて、名前のイメージとは異なり日本に古来より自生しているものです。その根は、植物中でも最右翼の強度の苦みを有し、眩草(クララぐさ)苦参(クジン・・・生薬名)の漢字名が当てられます。

地上部の枯れる前の秋口に、塊根部を採取して乾燥させたものが、生薬:クジン(苦参)です。根の形が人参に似て苦いことからの命名です。生薬クジンの薬理作用として、ストレス性潰瘍抑制・ 随意運動障害・ 血管運動中枢抑制・ 抗真菌 (煎液:各種皮膚白癬菌など)があり、味健胃・解熱・利尿・消炎・止瀉・皮膚疾患薬として、一般用漢方製剤294処方のうち5処方に配合されています。薬理成分として、アルカロイド類のマトリン・オキシマトリンやフラボノイドのクラリシノール、クラリノール・配糖体のトリフロリジロンなどを含みます。「蛆殺し」の異名があり、牛馬などの皮膚寄生虫の駆除や蛆虫の駆除にも使われてきました。

全草が毒草でもあるクララは、美しい蝶のオオルリシジミの幼虫の食草です。牧草採取のための野焼きや草刈りを行わなくなり、このクララの生育する草原が消失してきたために、オオルリシジミは、今や絶滅危惧Ⅰ類に指定され、阿蘇の草原周辺にしか生存が確認されていません。

参照文献:イー薬草ドットコム:日本薬学会HP・東邦大学薬用植物園HP・武田薬品工業㈱HPTradMPD・農研機構・熊本大学薬学部HP

                             (文責:三鍋康彦)      

仲間の輪 in photo・・・・拡大は写真をクリック

最新ニュース(常時チェックに便利な情報源)

もっとしてほしい「血液のがん」のこと・・多くの血液情報を集約・お勧め版

 

● 医療情報サービスMinds ・・・診察ガイドライン、標準治療法

 

NCI PDQ(日本語版)がん情報サイト ・・・米国国立がん研究所配信情報

 

がん情報サービス(国立がん研究センターHP内) ・・・治療から生活まで

 

日経メディカルオンライン・・・医療関連ニュースが豊富、血液学会情報にも便利

                 癌Expertsなど  (要会員登録―無料版)

医療介護 MyCB・・・幅ひろい医療・社会情報あり(要会員登録ー無料もあり)

 

YomiDr.(YOMIURI ONLINEより)・・・医療もろもろ

 

アピタル(朝日新聞DIGITALより)・・・医療もろもろ

ニュース掲載履歴