HosPACの趣旨―仲間探しをしませんか?

病院の中で、同じ病気をもつ人、病気や治療を克服した人、そして家族、医療者・・・みんなが集まっておしゃべりできたら、どんなに心強いだろう。院内患者会は、そんな想いをかなえます。院内患者会とは、医療者、患者、家族…みんなが集う病院の中の患者会です。院内患者会、それは心のよりどころ、仲間探しのためにとても大事なものです!

わたしたちは、院内患者会を開催したいと思う人、実際に運営している人を支援しています。

現在は、白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫など、難治性血液疾患患者(家族)による院内患者会の設立、おしゃべり会の開催を全国の病院で進めていくための活動を主としていますが、他の疾患についてのご相談もお受けいたします。

 

      会長 新井辰雄(自己紹介)/ 副会長 佐藤ゆかり(患者会紹介エッセイ

 

第24回 院内患者会世話人連絡協議会 総会のお礼

10月13日の総会にご参集の皆様、ありがとうございました。杉原先生のご講演と精神科医師とのフリートーキングには、思わずながらの本音の発露もあり、盛会裏に終わりました。

 

ブログ案内です!

患者会(血液腫瘍疾患関連)・がん患者サロンなどの開催情報

血液疾患関連フォーラムなどの情報

人類は古くから、自然界の中で「病」を癒す薬を探し求めて来ました。その大いなる遺産の範疇に挙げられるのが、生薬と呼ばれているものです。近代科学技術を身に着けてきた今でも、そこには多くの自然の【叡智】が存在しています。

日常の視点から眺めたその様な草木の恵みを、徒然なるがままに綴ってみたいと思います。 

初冬のこの季節、めっきり花の姿の少なくなった中で、キクに似た黄色い花姿を凛とさせているツワブキ(石蕗)を見掛けます。古くから日本に自生していた草本ですが、艶やかな大柄の多年草の葉が好まれて、江戸時代の園芸ブームで、多様な品種が生み出されました。
観葉植物として身近に置かれている陰で、古代から食材として使われてきたのが忘れられようとしています。フキと同じように、茎(葉柄)を採取して皮を剥ぎ十分にあく抜きをしたものを、煮物・炒め物・佃煮などとして食する習慣が九州や沖縄に残っています。このあく抜きがポイントで、ツワブキに含まれている肝毒性があるピロリチジンアルカロイドの一種のセンキルキンを除くためです。

食材と同様に、古くから民間療法として使われても来ました。生葉を揉んだものを腫物・切り傷に貼る用法や乾燥させた根茎を煎じて健胃・食中毒・下痢に用いられていました。

生薬として、葉茎を乾燥させたものがタクゴヨウ(橐吾葉)、根茎を乾燥させたものがタクゴ(橐吾)とされますが、日本薬局方への収載はなく、漢方薬とでの配合も見られず、民間療法として生薬にとどまります。青草の匂い成分であるヘキセナールをふくみ、抗菌作用があるとされています。

ヘキサナールには、cis-3-ヘキサナールtrans-2-ヘキサナールの異性体があり、前者がビールののど越しに一役買っているのに対して、後者は、なんとカメムシの悪臭成分なのです。

 

参照文献:季節の花300・都立薬物植物園HP・日本薬学会HP・額田医学生物研究所HP・「ツワブキ」奥野哉著・養命酒製造㈱HP・有機化学美術館      (文責:三鍋康彦)

仲間の輪 in photo・・・・拡大は写真をクリック

最新ニュース(常時チェックに便利な情報源)

もっとしてほしい「血液のがん」のこと・・多くの血液情報を集約・お勧め版

 

● 医療情報サービスMinds ・・・診察ガイドライン、標準治療法

 

NCI PDQ(日本語版)がん情報サイト ・・・米国国立がん研究所配信情報

 

がん情報サービス(国立がん研究センターHP内) ・・・治療から生活まで

 

日経メディカルオンライン・・・医療関連ニュースが豊富、血液学会情報にも便利

                 癌Expertsなど  (要会員登録―無料版)

医療介護 MyCB・・・幅ひろい医療・社会情報あり(要会員登録ー無料もあり)

 

YomiDr.(YOMIURI ONLINEより)・・・医療もろもろ

 

アピタル(朝日新聞DIGITALより)・・・医療もろもろ

HosPAC調査投稿項目

ニュース掲載履歴