HosPACの趣旨―仲間探しをしませんか?

病院の中で、同じ病気をもつ人、病気や治療を克服した人、そして家族、医療者・・・みんなが集まっておしゃべりできたら、どんなに心強いだろう。院内患者会は、そんな想いをかなえます。院内患者会とは、医療者、患者、家族…みんなが集う病院の中の患者会です。院内患者会、それは心のよりどころ、仲間探しのためにとても大事なものです!

わたしたちは、院内患者会を開催したいと思う人、実際に運営している人を支援しています。

現在は、白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫など、難治性血液疾患患者(家族)による院内患者会の設立、おしゃべり会の開催を全国の病院で進めていくための活動を主としていますが、他の疾患についてのご相談もお受けいたします。

 

      会長 新井辰雄(自己紹介)/ 副会長 佐藤ゆかり(患者会紹介エッセイ

 

第24回 院内患者会世話人連絡協議会 総会のお礼

10月13日の総会にご参集の皆様、ありがとうございました。杉原先生のご講演と精神科医師とのフリートーキングには、思わずながらの本音の発露もあり、盛会裏に終わりました。

 

ブログ案内です!

患者会(血液腫瘍疾患関連)・がん患者サロンなどの開催情報

血液疾患関連フォーラムなどの情報

薬草:トウゴマ(唐胡麻)・・・・・・・生薬:ヒマシユ(蓖麻子油)

人類は古くから、自然界の中で「病」を癒す薬を探し求めて来ました。その大いなる遺産の範疇に挙げられるのが、生薬と呼ばれているものです。近代科学技術を身に着けてきた今でも、そこには多くの自然の【叡智】が存在しています。

トウゴマ(唐胡麻)と名付けられた草本(一年生の草)があります。この頃では、独特の赤い花をアレンジした生け花に用いられますが、其の名を知る人は少ないようです。トウゴマの種子から得られるヒマシ油は、古代エジプトの頃から薬用として知られてきましたが、ヒマシ油と聞いて強烈な下剤や航空機用潤滑油(戦時下)を思い浮かべる方も、今では一握りとなりました。しかしながら、キャスターオイル(ヒマシ油です)と聞けば、化粧品・スキンケア・エステのマッサージとして身近な存在となります。そのほか、多くの工業製品に原材料として利用されています。

さて、薬用として歴史のあるヒマシ油ですが、生薬『ヒマシユ(蓖麻子油)』の主な作用は峻下剤・皮膚潤滑剤とされますが、医薬品としての役割は小さくなっています。ヒマシ油の主成分は、脂肪酸グリセリンエステルですが、脂肪酸中リシノレイン酸が90%を占めている特徴ある植物油脂といえます。これが瀉下作用を発揮するのです。

トウゴマの種子からヒマシ油を搾油した後の残渣には、種子中に含まれている『リシン』があります。糖たんぱく質の一種ですが致死性の猛毒です。摂取(経口であれ経皮であれ)すると生体内の細胞に侵入し、その細胞の役割である蛋白質合成を阻害する作用により多臓器不全を引き起こします。40年前に。ロンドンで起きたブルガリアの亡命者暗殺に使用されて一躍有名になり、その後いくつかの暗殺事件に利用されています。オバマ大統領(当時)やブルームバーグNY市長あてに封書でリシンが送付された事件もありました。

 

参照文献:季節の花300・武田薬品工業㈱HP・木下武司氏HP・日本薬学会HP・農研機構HP・内閣府―食品安全総合情報システム・横浜市衛生研究所HPほか      (文責:三鍋康彦)

 

 

仲間の輪 in photo・・・・拡大は写真をクリック

最新ニュース(常時チェックに便利な情報源)

もっとしてほしい「血液のがん」のこと・・多くの血液情報を集約・お勧め版

 

● 医療情報サービスMinds ・・・診察ガイドライン、標準治療法

 

NCI PDQ(日本語版)がん情報サイト ・・・米国国立がん研究所配信情報

 

がん情報サービス(国立がん研究センターHP内) ・・・治療から生活まで

 

日経メディカルオンライン・・・医療関連ニュースが豊富、血液学会情報にも便利

                 癌Expertsなど  (要会員登録―無料版)

医療介護 MyCB・・・幅ひろい医療・社会情報あり(要会員登録ー無料もあり)

 

YomiDr.(YOMIURI ONLINEより)・・・医療もろもろ

 

アピタル(朝日新聞DIGITALより)・・・医療もろもろ

HosPAC調査投稿項目

ニュース掲載履歴