05日 7月 2018
川崎市にある高願寺には、柏崎の古民家を移設した至心学舎がある。日本建築の安らぎのある場で、このようなフォーラムを聴講できるのは、一興のあることだろう。       (百軒)
04日 7月 2018
ウエブサイトに、『看護roo(ナースなみんなのコミュニティ)』がある。 そのインタビュー記事    『終末期看護で一番悩む患者さんからの「死にたい」:対応のヒント』 は、武見看護婦の積み重ねてきた経験からの心のつぶやきである。...
03日 7月 2018
02日 7月 2018
難病が降りかかり、また長引く療養の日々に、医療者に縋ると共にふと同じ病の方と話をしてみたくなる。がん対策基本法の施行以来、患者交流の場の設営が促進されだし、ピアサポートとして「患者サロン」や「患者会」などが医療機関や地域にみられるようになってきた。...
27日 6月 2018
難病が降りかかり、また長引く療養の日々に、医療者に縋ると共にふと同じ病の方と話をしてみたくなる。がん対策基本法の施行以来、患者交流の場の設営が促進されだし、ピアサポートとして「患者サロン」や「患者会」などが医療機関や地域にみられるようになってきた。...
11日 6月 2018
横浜の名物ジャックの塔で知られる横浜開港記念館へと、台風5号の声にも拘らず軽い足取りで向かった。サバイバーナースの会「ぴあナース」の総会&記念講演の聴講のためである。...
16日 5月 2018
昨年秋のHosPAC総会でご講演頂きました上原弘美さまの主催されている「サバイバーナースの会『ぴあナース』」の総会と記念講演会が横浜であります。 記念講演は、保坂隆先生による <「がんをどう乗り越えるか?」から「がん患者をどう支えるか?」へ> です。
09日 5月 2018
がんの治療と緩和ケアは、治療の初めから一体として行うと称されるようになってきたが、患者の視点からすると実態は曖昧模糊として見えてこないことが多い。...
12日 4月 2018
がん患者が就労して働いている現場で、病ゆえに生じる様々な諸問題への対応の仕方へのアドバイスがなされている。これらは、必ずしも職場での問題とは限らず、日常生活の場面での問題でもあり、広く参考になる。
21日 3月 2018

さらに表示する